超訳百人一首 うた恋い。

皆さんは百人一首、ご存知ですか?小学校や中学校でかるた取りをしたことがある方も多いかもしれません。

 

この百人一首、選者藤原定家による個人的な歌集のため、実は恋いの和歌が圧倒的に多いのです。

 

平安の世から今に受け継がれる歌人達の恋模様。そんなみずみずしい和歌をときにはギャグを交えながらも胸に迫る描写で描く「超訳百人一首 うた恋い。」遂にテレビアニメ化もされ巻数は3巻にのぼります。

 

 

杉田圭氏による本作は、まずその美しい表紙絵が目を引きます。美しいものをこよなく愛する平安歌人たち。彼らの羽織もまた色とりどりです。

 

現代のわたしたちにも分かりやすいように噛み砕いた表現を多用しながらも、自由が効かない平安の男女関係、その中にあってただひとつ自由な和歌を題材に歌人たちの人生がそこにいるかのように鮮やかに描き出されます。

 

 

所々に注釈ページや四コマ漫画などますます平安時代が身近に感じられるようになっています。千年前も今と変わらない想いで生きた歌人たちの人生が胸に迫ります。

 

 

14マンガコミック